国内初!?『ととのうお酒』BECHILL(ビーチル)がヤバい。

Chill
Chill Point

✓この記事にオススメの方
・さらなる「ととのい」を求めている
・CBD×アルコールの有効性とは?
・Chillを更に突き詰めたい!

以前の記事でもご紹介したとおり「CBD」という成分は世界的に話題となっており、美容や身体への健康にも注目されているポイントをご紹介させていただきました。最近、Chillを求めた芸能人や世界セレブなども注目しているCBDは今後もトレンドが右肩上がりに伸びていくことは間違いないでしょう。今後世界で約2兆円市場になるとの予測もあるくらいなんです。

そしてなんと!!

日本初と言っても過言ではないCBD配合スパークリングリキュール『BECHILL(ビーチル)』という新しいスタイルのアルコール飲料が02月10日から販売をスタートしました!

チルメン
チルメン

Chillには欠かせない「酒」と「リラックス」を追い求めた究極の商品だ。。CBDとアルコールなんて、もう神の領域に入っていると言っても過言ではない飲み物が『爆誕』

この『BECHILL』はクラウドファンディングによる資金調達で今、記録を更新した話題のプロダクトとして人気を集めています。参考サイト⇩

Makuake:日本初かも!?『飲むサウナ』CBDアルコール飲料 BECHILL(ビーチル)誕生

そして、驚きなのは調達した金額。目標金額「500,000円」に対して、応援購入総額「5,557,000円」と目標金額の1,111%以上の募集を達成し、今とんでもなく話題になりつつある商品であり世の中の期待の現れですね。これはCBD商品史上最高金額の応援購入とわれており、20代から30代半ばの男性に絶大な評価を得てローンチまで実現した商品となっています。そんな、Chillを求める方々の理想を実現したCBDアルコール飲料『BECHILL』をご紹介していきたいと思います。

チルメン
チルメン

ちなみに11月11日が「ととのえの日」(TTNE PRO SAUNNER制定)であることは知っていますか?サウナーの間で「1111」は「ととのう(ととのえる)」数字と言われていて、偶然にも目標金額の1111%と「ととのう」というミラクルが起きました(笑)

BECHILL(ビーチル)とは?

このBECHILL(ビーチル)は「CBDを活用し、アルコールダイバーシティを実現する。」という事をミッションに2021年6月に創業したスタートアップ企業『C-position株式会社』が手掛けた商品です。そして、この会社で代表を努めている『渡辺 裕斗』代表の掲げているビジョンとして、Chillに対する情熱や想いも感じられる素敵なメッセージでした。

ヒト・モノの固定観念を壊し、
自分らしくいられる(チルな)社会を創る。
『CHILL=自分らしくいられる空間・時間』
と定義し、ストレス社会の現代に、
チルの文化を確立していく。
チルメン
チルメン

個人的にもめっちゃいい会社のビジョンだなと思いました。これからの新しいサービスやプロダクトも楽しみです。

おっと。BECHILLの商品説明もしないとですね(笑)では、まずは商品の概要から!

商品名:BECHILL(ビーチル)
内容量:250ml/本
味    :レモネード風味(レモン果汁1%使用)
アルコール:5%

<原材料>
レモン果汁、醸造アルコール、カンナビジオール(CBD)、糖類(国内醸造)炭酸、酸味料、香料、シクロデキストリン、クチナシ色素

このBECHILL(ビーチル)は日本初のCBD配合のスパークリングリキュールとしてローンチされました。名前の由来としては“BE CHILL(チルしよう!)”という意が込められており、「ビーチル」という言葉の響きには、外国の言葉で「夕方、日暮れ」という意味もあるようです。あの不思議で幻想的でもある落ち着いたサンセットのように、まったりと自分らしくいられるChillを楽しんでほしいとの願いを込めて名付けているようです。

▷▷ホームページはコチラ!

『Chill(チル)』という言葉は人によって様々な捉え方もあり、私も違う記事で個人的な見解も踏まえて定義づけしたので、Chillの意味であったり言葉そもそもの意味を知りたい方は下記の記事も参考にしてみてください!

実はこのBECHILLのChillに対する思想に対しては、当メディア『Chillmen.jp』における思想でも共通点を感じることが出来て、私個人としても非常にこれからの創業者「渡辺」代表の活躍が楽しみです。

CBD配合飲料『BECHILL』のポイント!

BECHILLは前述させていただきました通り「CBD配合のアルコール飲料」です。しかし、ただ単純にCBDとアルコールを混ぜてそれっぽいお酒にしたということではありません!

チルメン
チルメン

様々な記事なども拝見し、調査をしましたが細部のこだわりが垣間見えます!

  1. 国内加工で高品質のCBDを使用
    株式会社CBJと言われる国内でもトップクラスの高品質なCBD原料を取り扱っている企業と提携し、日本でも数少ない「国内での加工」でこだわり抜かれたCBD成分をこのBECHILLでは使用しています。そして、極上のChillを実感する為に、約6か月以上の間、CBD分量やアルコールの分量バランスを徹底的に拘り続けついに、CBDの魅力が最大限伝わる黄金比を見つけたようです。

  2. 天然色素『クチナシ青色色素』の使用
    BECHILLは色もとても綺麗ですよね。ドリンク全体で夕日が沈む様(マジックアワー)を演出し、視覚的にもリラックス出来る色味で整えているというこだわりがあります。『人工着色料』を使用しているように思えますが、一切使用をしていないところもポイントです。この色味を出すまでにとんでもない数の試行錯誤がされたようで、細部のこだわりも垣間見えますよね。

上記のYoutube動画にはBECHILL製作の数々のこだわりが語られていますのでお時間があればぜひ参考までに見てみてくださいね!また、SNSなどでも活発に情報発信をしており、当メディアでも語りきれていない魅力などもあると思いますので、もっと気になっている方はチェケラしてみても良いかもですね。

公式インスタグラム

Twitter

今は新規キャンペーンなどもやっていますので、この機会にお得に『BECHILL』を楽しんじゃいましょう!これから、様々なイベントやキャンペーンなども準備してるそうなのでChill好きなアナタはフォローしてタイムリーに情報もゲットしちゃいましょう。

チルメン
チルメン

などなど、ここまでCBD配合アルコール飲料のBECHILLを紹介してきましたが、一点注意して欲しい点としては「副作用」の有無についてです。

CBD×アルコールの安全性については国からもしっかりと証明されており、このBECHILLでも安全証明が成されているので問題はありません。しかし、CBD成分であることは変わりないので、安全性の高い物質であっても副作用がゼロであるとは断言できないということもまた事実です。また、薬を常飲しているという方は、その薬とCBDとの間に相互作用がないかどうかなども相談することを推奨します!

BECHILLの購入方法

2022年2月10日(木)より自社ECサイトにて販売開始し、現状のBECHILLの購入方法は、主に公式通販もしくは公式LINEのみとなります。後ほど紹介するサイトにて購入が可能ですのでご希望の方は下記よりお手続きを勧めてみてください!

チルメン
チルメン

さっき紹介した「BECHILL」の公式SNSでキャンペーンやってたりするので、そっちをチェックしてから購入したほうがお得かもなので確認してみてくださいね!

▷▷購入サイト

公式通販サイト抜粋:https://shop.bechill.jp/shop/products/

かなりこだわり抜いた商品ではあるのでお値段設定はやや高めかもしれないですね。。(笑)その点は、キャンペーンなども効率よく使ってお得に購入したほうが良いかもです。「気軽に少しだけまずは試したい!」なんて方もいると思います。最近はお店などでポップアップを行ってたりするケースもあるので公式インスタグラムなどでも定期的に見てみると良いと思います。

まとめ

最近注目のCBDは様々なものが出回っており、今回ご紹介した「BECHILL」は国内初めてのCBD成分を配合したアルコール飲料です。まだ、なかなか情報がソースが無いかと思いますが、これからどんどん知名度も上がってくると思いますので東京近郊でも体験できるスポットも増えて行くかと思います!「興味はあるけど、、」という方は、先程紹介公式SNSの情報をもとにポップアップストアに足を運んでみても面白いと思いますよ。リラックスした空間に新しいエッセンスを加えてみませんか!Chillの時間をより最高なものにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました